安全性と信頼性を保持する努力

投稿者: | 2019年2月21日

オンラインカジノの運営に必要なライセンス

ラスベガスやマカオ、シンガポールなどカジノが合法である国で実際にカジノ店を出すには国のかなり厳しい審査を潜り抜けなければなりません。
資本もそうですが、会社のこれまでの足跡などに関しても厳しくチェックされます。
そうした実際のカジノ店の出店と同じく、オンラインカジノも運営するには国からの厳しい審査を受けることになります。

ネット上のカジノと言えど、お金を賭けてギャンブルをすることには変わりはありません。
そして、ネット上が舞台となるということは、実際のカジノ店よりも審査が難しく手間もかかります。
実査のカジノ店ならばそのお店に出向き、その様子をしっかりと目で確認することができますが、オンラインカジノの場合はカジノゲームを動かすプログラムや入出金を扱う決済サービスはオンラインカジノのゲーム画面からは確認することができません。
確認するにはプログラムの1つ1つまで確認する必要があります。

オンラインカジノの運営に必要なライセンス

オンラインカジノを運営するには、こうした事細かい審査をサーバーを置く国の政府から受けクリアしなければなりません。
審査をクリアできたら、オンラインカジノを運営することを許可するライセンスを発行してもらえます。

また、このライセンスは発行国によっても取得難易度が違ってきますので、どこの国のライセンスを持っているかで信頼度が違ってきます。
ジブラルタル、マン島、マルタ共和国などはライセンス取得がかなり難しいので、これらの国のライセンスを持ち運営しているオンラインカジノは信頼できるオンラインカジノと判断して良いでしょう。

第三者監査機関による定期的なチェックがある

ライセンスの取得が難しいからといって、ライセンス取得後にもしっかり運営していけるかどうかは話が別です。

ライセンスを取得できたら後はもう関係ないと、不正紛いの運営を行うオンラインカジノも出てきそうなものです。
ところがオンラインカジノの世界では、ライセンスを持っているオンラインカジノがそうした悪質なことを行うことはまずありません。

第三者監査機関による定期的なチェックがある

オンラインカジノの世界には、公正な運営をしているかどうかを審査する監査機関があります。
この監査機関はオンラインカジノの運営元とはまったく関係のない独立した機関です。
第三者機関によって定期的に監査を受け、それをクリアしているということは、そのオンラインカジノは運営にあたり不正などは行っていないという証になります。
監査を受けることによって、公正さ、安全性を示すことにもなります。
これはオンラインカジノ側にとっても集客効果に繋がりますので、オンラインカジノも率先して第三者機関の監査を受けています

この第三者監査機関もライセンスの発行国と同じく難易度により信頼度に違いが出てきます。
オンラインカジノの第三者機関の中でも最も審査が厳しいことで有名なのがイーコグラです。

第三者という公平な立場からオンラインカジノの運営の1つ1つを審査していきます。
イーコグラの審査はとにかく厳しく、長年信頼のおけるオンラインカジノと言われていたところでも審査落ちしてしまうことがあります。
また、一度監査をクリアできたからといっても、次の監査をクリアできるとは限りません。
次の監査で審査落ちしてしまうとイーコグラの認定から外されてしまいます。
長く継続してイーコグラの認定を受けているオンラインカジノはかなり質の高いオンラインカジノと考えて問題ないでしょう。

そして、イーコグラの認定を受けているオンラインカジノを利用しトラブルなどが発生した際は、イーコグラが代わってそのトラブルの解決に努めてくれますので、利用する側としてはなんの心配もなしにゲームを楽しむことができます。

オンラインカジノの中心部を担うソフトウェア会社

オンラインカジノを運営する上で重要視されるのが、どこのソフトウェア会社にソフトウェアを作ってもらうかということです。
オンラインカジノはゲームの内容も大切ですが、グラフィックとサウンドも同じくらい大切です。
ぱっと開かれたゲーム画面でどれだけ利用者をゲームの世界に引き込めるかがポイントとなります。
そうしてゲームの世界に利用者を引き込むためには、迫力あるサウンドとリアルな映像を使った高品質なソフトウェアを使う必要があります。

オンラインカジノの中心部を担うソフトウェア会社

ソフトウェア会社にも善し悪しがあり、有名どころのオンラインカジノは大体2社のソフトウェアを使っています。
その2社というのがマイクロゲーミング社とプレイテック社です。
どちらも非常に優れたソフトウェア会社で、この2社が作るソフトウェアこそがまさにオンラインカジノの豪華で迫力のある演出の代名詞と言えるでしょう。

この有名なソフトウェア会社2社にソフトウェア作成を依頼するには、それなりの実績、またはそれぞれのソフトウェア会社が定める信頼できるオンラインカジノの基準をクリアしなければなりません。
クリアできなかった場合は、残念ながらソフトウェアの作成を引き受けてもらうことはできません。
また、プレイテック社に関してはロンドンの株式市場に上場しています。

このように海外では、オンラインカジノのソフトウェア会社が上場を果たすほどオンラインカジノは広く普及し高い人気を得ていて、オンラインカジノの中には有名サッカークラブのスポンサーになっているところもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です